AWS認定資格 無料WEB問題集&徹底解説

クラウドプラクティショナー

正解 問題
解説
Amazon RDS マルチ AZ 配置では、RDS データベース (DB) インスタンスの可用性と耐久性が強化され、プロダクションデータベースのワークロードに適しています。マルチ AZ DB インスタンスをプロビジョニングすると、Amazon RDS によってプライマリ DB インスタンスが自動的に作成されると同時に、異なるアベイラビリティーゾーン (AZ) のスタンバイインスタンスにデータが複製されます。各アベイラビリティーゾーンは、その独自の、物理的にはっきりと独立したインフラストラクチャ上で稼働しています。また高い信頼性を保つように設計されています。

コメント
回答に疑問がある場合など、お気軽にコメントください。議論の場になれば嬉しいです。
正答率 65%
問10 解説
マルチアベイラビリティーゾーンでAmazon RDSインスタンスを構築する場合、従っているアーキテクチャの概念は次の内どれですか?
  • 疎結合での設計
  • サービス重視の設計
  • 失敗に備えた設計
  • 自動化を重視した設計

お役立ち情報

姉妹サイト一覧

WEB問題集 難易度順

WEB問題集 カテゴリー別

WEB問題集 サービス別