AWS認定資格 WEB問題集&徹底解説

クラウドプラクティショナー

正解 C問題
(会員限定) 1 2 3 4
解説
高可用性アーキテクチャでは、単一のコンポーネントの障害に対して、アプリケーションが継続して動作できるように設計することが重要です。コンポーネントを冗長化し、自動フェイルオーバーを実装することで、単一障害点を排除できます。

A: ネットワークの低遅延は重要ですが、高可用性の根本的な要件ではありません。
B: ピーク負荷に対応できるリソースを用意することは重要ですが、単一障害点が存在する場合は高可用性を達成できません。
D: モノリシックアプリケーションは単一障害点となり、高可用性を阻害する可能性があります。

関連サービスの解説
Amazon EC2
Amazon Elastic Container Service (Amazon ECS)
Amazon Elastic Kubernetes Service (Amazon EKS)
AWS Auto Scaling

+ 質問 / コメント
解答・解説に疑問がある場合や、よりよい解説がある場合など、お気軽にコメントください。ただし、短文コメントは表示されません。また、中傷などコメントの内容によっては、会員機能を停止させて頂きます。教え学び合える場になれば嬉しいです。(コメント投稿にはログインが必要です)
正答率 66%
No.31 解説
AWSで高可用性アーキテクチャを設計するための推奨パターンは次のうちどれですか?
  • コンポーネント間に低遅延のネットワーク接続を設置する
  • ピーク負荷を処理するために必要な数のAmazon EC2インスタンスを常に稼働させる
  • アプリケーションが単一障害点を排除もしくは許容できるように設計されている
  • すべての操作を処理するモノリシックアプリケーションを使用する

(会員限定)当問題の評価をお願いします。改善に活用します。