AWS認定資格 無料WEB問題集&徹底解説

クラウドプラクティショナー

正解 問題
(会員限定) 1 2 3 4
解説
正解は 1 になります。2の説明はS3になります。3に記載のようなオートスケール機能はRDSにはありません。ちなみに、負荷ではなく、容量逼迫に応じたオートスケール機能はあります。4の説明のように動的にリソースを変更することは出来ません。CPUおよびメモリを変更するためにはインスタンスタイプを変更する必要があります。

関連サービスの解説
Amazon RDS

コメント
解答・解説に疑問がある場合や、よりよい解説がある場合など、お気軽にコメントください。ただし、短文コメントは表示されません。また、中傷などコメントの内容によっては、会員機能を停止させて頂きます。教え学び合える場になれば嬉しいです。(コメント投稿にはログインが必要です)
正答率 67%
No.37 解説
Amazon RDS の利点の1つは何ですか?
  • リレーショナルデータベースの管理タスクを簡素化する
  • 99.99999999999%の信頼性と耐久性を提供する
  • 負荷に応じてデータベースを自動的にスケーリングする
  • 利用者がCPUおよびメモリを動的に調整できる

(会員限定)当問題の評価をお願いします。改善に活用します。

アンケート

お役立ち情報

姉妹サイト

関連サイト

その他

WEB問題集 難易度順

WEB問題集 カテゴリー別

WEB問題集 サービス別