AWS認定資格 無料WEB問題集&徹底解説

クラウドプラクティショナー

Amazon DynamoDB の概要と試験出題ポイントは?

AWSサービスの一つであるAmazon DynamoDBはどんな内容なのでしょうか?また、AWS認定資格のクラウドプラクティショナー(CLF)に合格するためには、サービスのどんなポイントを押さえておけばよいのでしょうか?
ここでは、そんなあなたの疑問に回答していきたいと思います

Amazon DynamoDB の概要

Amazon DynamoDBは、高速でスケーラブルな、フルマネージドのNoSQLデータベースです。

Amazon DynamoDB の出題ポイント

以下は、受験にあたって理解しておくべき出題ポイントです。

分類 内容
データモデル DynamoDBでは、データをテーブルに格納し、プライマリキーでアイテム(レコード)を一意に識別します。
スケーラビリティ DynamoDBは、分散データベースとして設計されているため、アクセスパターンやデータの容量に応じてスケーラビリティを提供できます。
パーティショニング DynamoDBは、プライマリキーに基づいて表を自動的に分割し、複数のパーティションにデータを分散させて、スケーラビリティと高いパフォーマンスを提供します。
スループット DynamoDBでのスループットは、読み取り容量単位(RCU)と書き込み容量単位(WCU)を使って制御されます。使用量に応じてスループットをプロビジョニングするか、オンデマンドモードを利用できます。
コンシステントリード ストロングリードでデータを読むと、最新のデータが返されますが、エヴェンチャルリードだと、一貫性のない結果が返される可能性があります。ストロングリードは2倍のRCUを消費します。
DynamoDBストリーム DynamoDBストリームは、テーブルの変更イベント(挿入、更新、削除)をキャプチャし、それらのイベントを他のAWSサービスに送ることができます。
インデックス DynamoDBでは、1つのテーブルでグローバルセカンダリインデックス(GSI)およびローカルセカンダリインデックス(LSI)を作成して、検索パフォーマンスを向上させることができます。
データベースのバックアップ DynamoDBでは、オンデマンドバックアップや連続バックアップを利用してテーブルのデータを保護できます。

コメント

当サービスに関連して、覚えておいた方がよいポイントなどありましたら、お気軽にコメントください。教え学び合える場になれば嬉しいです。

アンケート

お役立ち情報

姉妹サイト

関連サイト

その他

WEB問題集 難易度順

WEB問題集 カテゴリー別

WEB問題集 サービス別