AWS認定資格 WEB問題集&徹底解説

クラウドプラクティショナー

Amazon Simple Storage Service (S3) の概要と試験出題ポイントは?

AWSサービスの一つであるAmazon Simple Storage Service (S3)はどんな内容なのでしょうか?また、AWS認定資格のクラウドプラクティショナー(CLF)に合格するためには、サービスのどんなポイントを押さえておけばよいのでしょうか?
ここでは、そんなあなたの疑問に回答していきたいと思います

Amazon Simple Storage Service (S3) の概要

Amazon S3は、インターネットを介したストレージサービスであり、データを保存、取得、保護するための簡単で拡張性の高いストレージソリューションを提供します。

Amazon Simple Storage Service (S3) の出題ポイント

以下は、受験にあたって理解しておくべき出題ポイントです。

分類 内容
S3バケット Amazon S3では、オブジェクト(ファイル)を格納するためのコンテナであるバケットを使用します。バケット名は一意である必>要があります。
ストレージクラス S3は複数のストレージクラス(標準、改善、ワンゾーン改善、インテリジェント階層化、S3ワンゾーンIA、Glacier、Glacier Deep Archive)を提供し、コストとデータアクセス頻度に最適化されています。
データ整合性 S3は、新しく作成されたオブジェクトに対して可用性と一貫性が高く、既存のオブジェクトに対しては結果整合性を提供します。
バージョニング S3バケットのバージョニング機能を有効化することで、オブジェクトのすべてのバージョンを保存および取得できます。
データ転送加速 S3データ転送加速機能により、AWSのエッジロケーションを経由してデータを転送して効率的に迅速にアップロード・ダウン>ロードすることができます。
S3イベント通知 S3イベント通知を用いて、特定のイベント(オブジェクトの作成、更新、削除など)が発生した際に、Lambda関数、SNS、SQSなどのサービスをトリガーできます。
S3クロスリージョンレプリケーション データを異なるAWSリージョンの別のS3バケットにレプリケーションすることが可能です。これにより>データ耐久性およびデータ可用性が向上します。

コメント

当サービスに関連して、覚えておいた方がよいポイントなどありましたら、お気軽にコメントください。教え学び合える場になれば嬉しいです。