AWS認定資格 無料WEB問題集&徹底解説

ソリューションアーキテクト – アソシエイト

正解 問題
解説
仮想化を実現するハイパーバイザー(ホストOS)のセキュリティ運用は、AWSの責任範囲となります。
基本的に、OSより下のレイヤーについてはAWSが責任を持ち、OSより上のレイヤーについては利用者が責任を持ちます。

コメント
解答・解説に疑問がある場合や、よりよい解説がある場合など、お気軽にコメントください。教え学び合える場になれば嬉しいです。
正答率 76%
問101 解説
あなたはオンプレミスのアプリケーションをAWSへ移行するプロジェクトを任されたコンサルタントです。設計工程では、現在のオンプレミスのセキュリティを考慮し、AWSにおけるセキュリティを検討する必要があります。
AWSでは、セキュリティに関する方針として責任共有モデルを定義しています。
責任共有モデルでは、AWSと利用者でセキュリティ対策の責任境界を明確化しています。
次のうち、AWSの責任範囲となるものはどれですか?
  • ユーザーデータの暗号化
  • ID・アクセス管理
  • 仮想化インフラストラクチャ
  • OS内のセキュリティ

お役立ち情報

姉妹サイト一覧

WEB問題集 難易度順

WEB問題集 カテゴリー別

WEB問題集 サービス別