AWS認定資格 無料WEB問題集&徹底解説

ソリューションアーキテクト – アソシエイト

正解 問題
(会員限定) 1 2 3 4
解説
オンデマンドインスタンスとスポットインスタンスの両方を使用して複数のインスタンスタイプにわたって容量をプロビジョニングするためには、ランチテンプレートを使用する必要があります。起動構成または起動テンプレートでは、このような混合インスタンスのプロビジョニングはサポートされていません。ランチテンプレートを使用することで、所望のスケール、パフォーマンス、コストを実現することが可能です。

関連サービスの解説
Amazon CloudWatch
Amazon EC2
Amazon Simple Queue Service (Amazon SQS)
Elastic Load Balancing (ELB)

コメント
解答・解説に疑問がある場合や、よりよい解説がある場合など、お気軽にコメントください。ただし、短文コメントは表示されません。また、中傷などコメントの内容によっては、会員機能を停止させて頂きます。教え学び合える場になれば嬉しいです。(コメント投稿にはログインが必要です)
正答率 45%
No.118 解説
電子商取引会社のエンジニアリングチームは、Amazon Elastic Compute Cloud(Amazon EC2)インスタンスのコスト最適化に取り組んでいます。チームは、オンデマンドインスタンスとスポットインスタンスを複数のインスタンスタイプで混在させてワークロードを管理したいと考えています。これらのインスタンスの混合を使用したオートスケーリンググループを作成したいと考えています。エンジニアリングチームがこのユースケースのためにインスタンスをプロビジョニングするために、どのオプションを使用することができますか?
  • 起動構成または起動テンプレートを使用して、オンデマンドインスタンスとスポットインスタンスの両方を使用して複数のインスタンスタイプにわたって容量をプロビジョニングし、所望のスケール、パフォーマンス、およびコストを実現できます。
  • ランチテンプレートを使用して、オンデマンドインスタンスとスポットインスタンスの両方を使用して複数のインスタンスタイプの容量をプロビジョニングし、所望のスケール、パフォーマンス、コストを実現できます。
  • オンデマンドインスタンスとスポットインスタンスの両方を使用して複数のインスタンスタイプにわたって容量をプロビジョニングするために、起動設定も起動テンプレートも使用できない
  • ランチ構成を使用して、オンデマンドインスタンスとスポットインスタンスの両方を使用して複数のインスタンスタイプにわたって容量をプロビジョニングし、所望のスケール、パフォーマンス、コストを実現できます。

(会員限定)当問題の評価をお願いします。改善に活用します。

アンケート

お役立ち情報

姉妹サイト

関連サイト

その他

WEB問題集 難易度順

WEB問題集 カテゴリー別

WEB問題集 サービス別