AWS認定資格 無料WEB問題集&徹底解説

ソリューションアーキテクト – アソシエイト

正解 No.
解説
Route 53 ヘルスチェックを使用してフェイルオーバー (アクティブ/アクティブとアクティブ/パッシブ) を設定できます。フェイルオーバー以外のいずれかのルーティングポリシー (またはルーティングポリシーの組み合わせ) を使用して、フェイルオーバー (アクティブ/アクティブ) を設定し、フェイルオーバールーティングポリシーを使用してフェイルオーバー (アクティブ/パッシブ) を設定します。

コメント
解答・解説に疑問がある場合や、よりよい解説がある場合など、お気軽にコメントください。教え学び合える場になれば嬉しいです。
正答率 77%
No.130 解説
プライマリWebサイトが利用できない場合にユーザーがバックアップの静的エラーページに誘導されるソリューションを設計しています。プライマリウェブサイトのDNSレコードは、ドメインがApplication Load Balancer(ALB)を指しているAmazon Route 53でホストされています。 変更とインフラストラクチャのオーバーヘッドを最小限に抑えながら会社のニーズを満たすためにどの構成を使用する必要がありますか?
  • エンドポイントとして静的エラーページをホストするALBとAmazon EC2インスタンスを使用して、Route 53アクティブ-アクティブ構成をセットアップします。Route 53は、ALBのヒールチェックが失敗した場合にのみインスタンスにリクエストを送信します。
  • ルート53エイリアスレコードが、ALBを発信元の1つとして持つAmazon CloudFrontディストリビューションを指すようにします。次に、配布用のカスタムエラーページを作成します。
  • 遅延ベースのルーティングポリシーを使用するようにRoute 53レコードを更新します。Amazon S3バケット内でホストされているバックアップの静的エラーページをレコードに追加して、トラフィックが最も応答性の高いエンドポイントに送信されるようにします。
  • Route 53アクティブ/パッシブフェイルオーバー構成をセットアップします。Route 53ヘルスチェックでALBエンドポイントに異常があると判断された場合、Amazon S3バケット内でホストされている静的エラーページにトラフィックを転送します。

お役立ち情報

姉妹サイト

WEB問題集 難易度順

WEB問題集 カテゴリー別

WEB問題集 サービス別