AWS認定資格 無料WEB問題集&徹底解説

ソリューションアーキテクト – アソシエイト

正解 問題
(会員限定) 1 2 3 4
解説
リードレプリカを作成することで、書き込みと読み込みで処理が衝突することがなくなり、遅延が解消されます。

関連サービスの解説
Amazon Aurora

コメント
解答・解説に疑問がある場合や、よりよい解説がある場合など、お気軽にコメントください。ただし、短文コメントは表示されません。また、中傷などコメントの内容によっては、会員機能を停止させて頂きます。教え学び合える場になれば嬉しいです。(コメント投稿にはログインが必要です)
正答率 77%
No.137 解説
AWSで実行されているアプリケーションは、データベースにAmazon Aurora Multi-AZデプロイメントを使用します。ソリューションの設計者は、パフォーマンスメトリックを評価するときに、データベースの読み取りが原因でI / Oが高くなり、データベースに対する書き込み要求に遅延が発生していることに気づきました。
ソリューションアーキテクトは、読み取り要求と書き込み要求を分離するために何をすべきですか?
  • Amazon Auroraデータベースでリードスルーキャッシュを有効にします。
  • マルチAZスタンバイインスタンスから読み取るようにアプリケーションを更新します。
  • リードレプリカを作成し、適切なエンドポイントを使用するようにアプリケーションを変更します。
  • 2番目のAmazon Auroraデータベースを作成し、それをリードレプリカとしてプライマリデータベースにリンクします。

(会員限定)当問題の評価をお願いします。改善に活用します。

アンケート

お役立ち情報

姉妹サイト

関連サイト

その他

WEB問題集 難易度順

WEB問題集 カテゴリー別

WEB問題集 サービス別