AWS認定資格 無料WEB問題集&徹底解説

ソリューションアーキテクト – アソシエイト

正解 問題
(会員限定) 1 2 3 4
解説
アプリケーションからリードレプリカにリードクエリをルーティングすることで、DBインスタンスの負荷を軽減できます。リードレプリカを使用すると、読み取り量の多いデータベースワークロードに対して、単一のDBインスタンスの容量の制約を超えて柔軟にスケールアウトできます。リードレプリカはマスターステータスに昇格できるため、シャーディング実装の一部として役立ちます。 読み取りパフォーマンスをさらに最大化するために、Amazon RDS for MySQLでは、マスターにインデックスが存在しなくても、テーブルインデックスをリードレプリカに直接追加できます。

関連サービスの解説
Amazon Aurora
Amazon ElastiCache
Amazon RDS

コメント
解答・解説に疑問がある場合や、よりよい解説がある場合など、お気軽にコメントください。ただし、短文コメントは表示されません。また、中傷などコメントの内容によっては、会員機能を停止させて頂きます。教え学び合える場になれば嬉しいです。(コメント投稿にはログインが必要です)
正答率 78%
No.170 解説
会社のウェブサイトは、トランザクションデータストレージにAmazon RDS for MySQL Multi-AZ DBインスタンスを使用しています。このDBインスタンスを照会して、内部バッチ処理のためにデータをフェッチする他の内部システムがあります。内部システムがデータをフェッチすると、RDS DBインスタンスの速度が大幅に低下します。これは、Webサイトの読み取りと書き込みのパフォーマンスに影響を与え、ユーザーの応答時間が遅くなります。
Webサイトのパフォーマンスを向上させるソリューションはどれですか?
  • リードレプリカをRDS DBインスタンスに追加し、リードレプリカをクエリするように内部システムを設定する
  • 現在のRDSMySQL Multi-AZ DBインスタンスに追加のアベイラビリティーゾーンを追加する
  • Amazon ElastiCacheを使用して、Webサイトのクエリ応答をキャッシュする
  • 使用RDSのPostgreSQL DBインスタンスの代わりに、MySQL DBインスタンスを利用する

(会員限定)当問題の評価をお願いします。改善に活用します。

アンケート

お役立ち情報

姉妹サイト

関連サイト

その他

WEB問題集 難易度順

WEB問題集 カテゴリー別

WEB問題集 サービス別