AWS認定資格 無料WEB問題集&徹底解説

ソリューションアーキテクト – アソシエイト

正解 問題
(会員限定) 1 2 3 4
解説
暗号化オプションはDB インスタンスの作成時にのみ有効にすることができ、作成後のインスタンスでは有効にすることができません。ただし暗号化されていないスナップショットのコピーは暗号化することが可能です。
そのため暗号化してコピーしたスナップショットから暗号化されたインスタンスを復元することができます。

関連サービスの解説
Amazon Aurora
Amazon Elastic Block Store (Amazon EBS)
AWS Key Management Service (AWS KMS)

コメント
解答・解説に疑問がある場合や、よりよい解説がある場合など、お気軽にコメントください。ただし、短文コメントは表示されません。また、中傷などコメントの内容によっては、会員機能を停止させて頂きます。教え学び合える場になれば嬉しいです。(コメント投稿にはログインが必要です)
正答率 52%
No.179 解説
AWSは、オンライントランザクション処理(OLTP)の負担を実行するために企業によって使用されます。このワークロードは、暗号化されていないAmazonRDSデータベースインスタンスを使用してマルチAZ環境にデプロイされます。このインスタンスのデータベースは毎日バックアップされます。
データベースとスナップショットが常に暗号化されることを保証するために、ソリューションアーキテクトは今後何をすべきですか?
  • 最新のDBスナップショットのコピーを暗号化します。暗号化されたスナップショットを復元して、既存のDBインスタンスを置き換えます。
  • 新しい暗号化されたAmazonElastic Block Store(Amazon EBS)ボリュームを作成し、スナップショットをそれにコピーします。DBインスタンスで暗号化を有効にします。
  • スナップショットをコピーし、AWS Key Management Service(AWS KMS)を使用して暗号化を有効にします。暗号化されたスナップショットを既存のDBインスタンスに復元します。
  • AWS Key Management Service(AWS KMS)管理対象キー(SSE-KMS)を使用したサーバー側暗号化を使用して暗号化されたAmazonS3バケットにスナップショットをコピーします。

(会員限定)当問題の評価をお願いします。改善に活用します。

アンケート

お役立ち情報

姉妹サイト

関連サイト

その他

WEB問題集 難易度順

WEB問題集 カテゴリー別

WEB問題集 サービス別