AWS認定資格 無料WEB問題集&徹底解説

ソリューションアーキテクト – アソシエイト

正解 No.
解説
データウェアハウスが可視化ツールにクエリ応答するデータサイズは約50MBと大きいサイズのため、監視ツールはデータウェアハウスと同じAWSリージョンにいた方がリージョン外へのデータ転送がなくなり、データ転送コストが安くなります。
また、インターネット経由よりDirectConnect経由の方がデータ転送は安いため、回答は「エ」となります。

コメント
解答・解説に疑問がある場合や、よりよい解説がある場合など、お気軽にコメントください。教え学び合える場になれば嬉しいです。
正答率 59%
No.183 解説
企業は、データウェアハウスをAWSへ移行しました。可視化ツールを使用することで、企業のユーザはデータウェアハウスに対してクエリを実行できます。データウェアハウスがクエリに対して応答するデータサイズの平均は約50MBですが、可視化ツールによって表示されるWEBページのデータサイズは約500KBです。なお、企業とAWSとDirectConnect接続があり、データウェアハウスは返す結果セットをキャッシュしません。
次のうちどのアプローチが、データ転送コストを最も低くしますか?
  • オンプレミスで視覚化ツールをホストし、インターネットを介してデータウェアハウスに直接クエリを実行する
  • データウェアハウスと同じAWSリージョンで視覚化ツールをホストし、インターネット経由でアクセスする
  • オンプレミスで視覚化ツールをホストし、同じAWSリージョン内の場所にあるDirectConnect接続を介してデータウェアハウスに直接クエリを実行する
  • データウェアハウスと同じAWSリージョンで視覚化ツールをホストし、同じリージョン内の場所でDirectConnect接続を介してアクセスする。

お役立ち情報

姉妹サイト

WEB問題集 難易度順

WEB問題集 カテゴリー別

WEB問題集 サービス別