AWS認定資格 無料WEB問題集&徹底解説

ソリューションアーキテクト – アソシエイト

正解 問題
解説
Design for Faulureとは、障害発生を前提としたシステムを設計するための考え方です。つまり、障害を回避する設計ではなく、障害が発生してもサービスを継続できるように設計することが重要という考え方になります。
AWSは、障害の多くはハードウェアの障害であり、回避不可能としています。 そのため、システムの可用性を向上させることが重要としており、そのためのサービスを数多く揃えています。

コメント
回答に疑問がある場合など、お気軽にコメントください。議論の場になれば嬉しいです。
正答率 84%
問52 解説
AWSで可用性の高いシステムを構築するためには、Design for Failureという考え方が重要と言われています。Design for Failureの説明や具体的な対策として、正しいものは次のうちどれですか?
  • 障害を発生させないようにシステムを設計する
  • 障害が発生してもサービスが継続できるようにシステムを設計する
  • 単一障害点(SPOF)は、一つではなく複数に分散させる
  • メンテナンス性を向上させるために、密結合となるようシステムを設計する