AWS認定資格 WEB問題集&徹底解説

ソリューションアーキテクト – アソシエイト

正解 A問題
(会員限定) 1 2 3 4
解説
Amazon EBS プロビジョンドIOPS SSD (io1) ボリュームは、インテンシブなワークロードに最適化されており、最大 64,000 IOPS のスループットを提供できます。この問題では、基幹業務アプリケーションに最大 64,000 IOPS が必要とされているため、プロビジョンドIOPS SSD が適切な選択肢となります。

B は不適切です。EBS スループット最適化HDD (st1) は高いスループットが必要なワークロードに適していますが、64,000 IOPSというパフォーマンス要件を満たすことはできません。

C は不適切です。EBS 汎用SSD (gp3) は一般的なワークロードに適しており、最大 16,000 IOPS までサポートしますが、64,000 IOPSの要件を満たすことはできません。

D は不適切です。EBS コールドHDD (sc1) は低コストでアクセス頻度の低いワークロードに適しています。高パフォーマンス要件を満たすことはできません。


関連サービスの解説
Amazon EC2
Amazon Elastic Block Store (Amazon EBS)

+ 質問 / コメント
解答・解説に疑問がある場合や、よりよい解説がある場合など、お気軽にコメントください。ただし、短文コメントは表示されません。また、中傷などコメントの内容によっては、会員機能を停止させて頂きます。教え学び合える場になれば嬉しいです。(コメント投稿にはログインが必要です)
正答率 80%
No.6 解説
あるソリューションアーキテクトが、EC2 インスタンス上で動作する基幹業務アプリケーショ ンを設計しています。このアプリケーションではリレーショナルデータベースが使用され、最 大 64,000 IOPS の EBS ボリュームが 1 個必要です。
このアプリケーションのパフォーマンス要件を満たす Amazon EBS ボリュームタイプはどれ ですか。
  • EBS プロビジョンドIOPS SSD
  • EBS スループット最適化HDD
  • EBS 汎用SSD
  • EBS コールドHDD

(会員限定)当問題の評価をお願いします。改善に活用します。