AWS認定資格 無料WEB問題集&徹底解説

ソリューションアーキテクト – アソシエイト

正解 問題
解説
・最大I / OモードのAmazon EFSファイルシステムは、ファイル操作のレイテンシーがわずかに高いというトレードオフで、より高いレベルの集約スループットと1秒あたりの操作に拡張できます。
・Amazon S3は、同時にマウントおよびアクセスできるストレージレイヤーではありません。
・Amazon EBSボリュームはインスタンス間で共有できません

コメント
解答・解説に疑問がある場合や、よりよい解説がある場合など、お気軽にコメントください。教え学び合える場になれば嬉しいです。
正答率 67%
問13 解説
企業がビッグデータと分析ワークロードを展開しています。分析は、複数のAZにわたる数千のEC2インスタンスから実行されます。データは、すべてのEC2インスタンスが同時にマウントおよびアクセスできる共有ストレージレイヤーに保存する必要があります。レイテンシは問題になりませんが、非常に高いスループットが必要です。

この要件に最適なストレージレイヤーは何ですか?
  • Amazon EBS プロビジョンド IOPS
  • Amazon S3
  • 汎用パフォーマンスモードのAmazon EFS
  • 最大 I/O パフォーマンスモードのAmazon EFS

お役立ち情報

姉妹サイト一覧

WEB問題集 難易度順

WEB問題集 カテゴリー別

WEB問題集 サービス別