AWS認定資格 無料WEB問題集&徹底解説

クラウドプラクティショナー

正解 問題
(会員限定) 1 2 3 4
解説
この問題は消去法でエになります。
選択肢の中で、IAMで対応できるのは④⑤のみです。

※参考
AWS IAM のよくある質問 Q: IAM ではどのような問題を解決できますか?
IAM により、複数のユーザーに AWS リソースへの安全なアクセスを簡単に提供できます。IAM により以下が可能となります :
IAM ユーザーとそのアクセスの管理: AWS の ID 管理システムでユーザーを作成する、ユーザーに個々のセキュリティ認証情報 (アクセスキー、パスワード、多要素認証デバイスなど) を割り当てる、または一時的なセキュリティ認証情報をリクエストしてユーザーに AWS のサービスおよびリソースへのアクセスを提供することができます。ユーザーにどの操作の実行を許可するかを、管理者が指定できます。

関連サービスの解説
Amazon Rekognition
AWS Identity and Access Management (IAM)
AWS Shield

コメント
解答・解説に疑問がある場合や、よりよい解説がある場合など、お気軽にコメントください。ただし、短文コメントは表示されません。また、中傷などコメントの内容によっては、会員機能を停止させて頂きます。教え学び合える場になれば嬉しいです。(コメント投稿にはログインが必要です)
正答率 62%
No.35 解説
AWSは、Identity and Access Management(IAM)ユーザーにセキュリティを追加したい場合、次の方法のどれをサポートしていますか?(2つ選択してください。)

① Amazon Rekognitionの実装
② AWS Shieldで保護されたリソースの使用
③ セキュリティグループによるアクセスのブロック
④ 多要素認証(MFA)の使用
⑤ パスワードの強度と有効期限を適用する
  • ①④
  • ③④
  • ②⑤
  • ④⑤

(会員限定)当問題の評価をお願いします。改善に活用します。

アンケート

お役立ち情報

姉妹サイト

関連サイト

その他

WEB問題集 難易度順

WEB問題集 カテゴリー別

WEB問題集 サービス別