AWS認定資格 WEB問題集&徹底解説

クラウドプラクティショナー

正解 D問題
(会員限定) 1 2 3 4
解説
常に変化するデータの読み取り/書き込みにおいて、Amazon RDS(リレーショナルデータベースサービス)とAmazon EFS(Elastic File System)が適しています。

Amazon RDSは、リレーショナルデータベースをクラウド上で提供するサービスです。データの変更に応じて柔軟に対応できます。

Amazon EFSは、クラウド上の拡張性の高いファイルストレージを提供するサービスです。複数のEC2インスタンスからデータの読み書きが可能です。

一方、Amazon Glacierはコストが低い長期保存向けの低頻度アクセスストレージです。Amazon Redshiftはデータウェアハウスサービスです。AWS Snowballは大容量データの転送サービスです。これらは常に変化するデータの読み書きには適していません。

関連サービスの解説
Amazon Elastic File System (Amazon EFS)
Amazon RDS

+ 質問 / コメント
解答・解説に疑問がある場合や、よりよい解説がある場合など、お気軽にコメントください。ただし、短文コメントは表示されません。また、中傷などコメントの内容によっては、会員機能を停止させて頂きます。教え学び合える場になれば嬉しいです。(コメント投稿にはログインが必要です)
正答率 42%
No.36 解説
常に変化するデータの読み取り/書き込みに対して使用するAWSサービスは次のうちどれですか?(2つ選択してください。)

① Amazon Glacier
② Amazon RDS
③ AWS Snowball
④ Amazon Redshift
⑤ Amazon EFS
  • ①②
  • ①③
  • ②④
  • ②⑤

(会員限定)当問題の評価をお願いします。改善に活用します。